最強勉強法!戦略的独学は、常に変化/進化する時代に最大価値を生み出す

最強勉強法!戦略的独学は、常に変化/進化する時代に最大価値を生み出す

2021年3月7日
本(Book)

「超・自習法 どんなスキルでも
最速で習得できる9つのメソッド」
(スコット・H・ヤング)

皆さんは今までどのような
学習方法で人生を歩んできたでしょうか?

今回は9つの中でも5つの原則に絞って
記載していきます。
※他も同じニュアンスだと感じたので。。。

・回想
・保持
・直感
・実験

これらを詳しく見たい方は
是非、書籍を実際に読んでみてください。

著者の方はマサチューセッツ工科大学
(MIT)の4年間のコンピューター科学の
カリキュラムを1年でマスターされた方です。

一年間で日常会話レベルの外国語を
4つマスターされたという自主学習の
プロフェッショナルです。

要は、勉強のプロです。

✔こんな人に読んで欲しい

・最速で学習したことを身に着けたい
・効率的に勉強したい
・受験勉強、就職試験の勉強法を悩んでる

ULTRA LEARNINGとは
自己管理的かつ集中的なスキルや
知識を習得する為の戦略です。

自分で決めて、自分で出来る、
自己型勉強を集中的に実施できる
ヒントがここには書かれています。

・コミュニケーション力
・ライティング力
・プログラミングスキル

等、これから学んでく方は
全ての分野において活用できる
ノウハウです。

是非、身に付けて私生活に
活かして頂ければと思います。

是非、お勧めなので
購入して読んでみてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

勉強方法に入る前に

いきなり、これが正しい!
なーんて言われたからスタート!

これでは恐らく挫折すると思います。

なんでかというと、
考え方が他責、他人事なので
「とりあえず、書いてある事やったから
 この判断は自分の責任ではない」
「逃げても大丈夫」
のような現実逃避が出来てしまう
道があります。

①「自分との約束を守る」
②「自分で主体的に決断する」
③「自己分析、自分の位置を正確に把握する」

しっかり自分の今の状態を棚卸して
何が出来て、何が出来ないのか
何が得意で、不得意な事は何か
目的達成が10番としたら、自分は今
〇番にいる、目標期限までにいつまでに
何をどれくらい、どんな方法でやれば
どんな自分に成れるのか?

こんな風に自分の状況と未来予想図
そこに対して今回紹介する方法の
何を自分で選択すれば良いのか?
俯瞰的に読み解いて、活かしてみてください。

メタ学習

メタとは「~を超えて」という
意味のギリシャ語です。

どういった状態かというと
学習の為に学習するという事です。

例えば

サッカー選手になる為の勉強をしない
でください。

サッカー選手のスカウトに認められる
為の勉強と努力、そしてどうすれば
継続してレギュラーとして活躍できるのか
を考えてください。

仮に起業をしたいのであれば
起業する為の勉強ではダメです。

起業して成功した人の
ノウハウや思考を学んでください。

最初に自分が目的に到達する為の
地図を描いてください。

地図を描いて頂く為に
3つの質問をします。

①なぜそれになりたいのか、
 何故それを学ぶのか

②何を学ぶべきなのか

③どこで、どのように学ぶのか

この3つの質問を軸において
最初に達成のためのロードマップを
描くことが大事です。

そして、自分なりの地図が描けたら
絶対にやって頂きたい事があります。

エキスパートインタビュー法です。

既に目標達成している人に会いに
行ってインタビューをしてください。

上手くいってる方法を学び
それを徹底的に真似ましょう。

ただ、やみくもに会うだけでは
折角の時間が無駄になってしまいます。

事前に必ず質問する為のリストを
作りましょう。

設定する質問時間は15分。

経営者になりたいなら
経営者にどうやってなったのか

どうやって勉強したのかではなく
どうやって合格したかを聞きましょう。

メタ学習は、勉強の仕方を日々俯瞰的に
分析し、改善し、学んでいく事で効果を
最大化させる手法です。

何がダメなのか。
何をしたらもっと良くなるのか。
更に改善できる点は何処だろう。

自分を常にCheckして
生産性を向上させましょう。

集中

何をやるか決まって、その分野の
成功者に話を聞いたら、あなたは
既に、どうやって勉強すれば
成功するか知っているはずです。

そうしたら、一点集中で
その方法をすぐに実践術的です。

多くの人間がやってしまうのが
先延ばししてしまうという行動です。

人間は弱い存在なので
ズルズル動かない状態が
継続して、スタートできない
という人が多いです。

起業しようとして
結果的にやらなくなった。

何もしなくても、変わらない
からそれでいいや。

人間は何事も先延ばしにしてしまう
存在なのだという事を認識してください。

何故、人が先延ばしにしてしまうのか
というと

本当にやりたくないんじゃないのか?

という考えが生まれてしまうからです。

しっかり自分で自問自答してください。
そして、本当にやりたい事なら
見切り発車でやる、一歩踏み出す
事が重要です。

慣性の法則のように
一度踏み出せば、自ずと
身体が勝手に動いています。

それでは、どうしたら動けるのか?
なんでも良いです。
何処でやるのか?
外でやると決める。
兎に角、その分野について
調べてみたり、勉強したり
書いてみたり、動いてみてください。

カフェ、学校の自習室
マクドナルド、自宅 等

何処で自分が集中できるのかを
自分で決めてください。

何処でやるかは結果を出す為に
とても大事になります。

自分を観察して、最適な
環境と要因を特定して
どんどん行動していきましょう。

直接性

直線的、目的に向かって
直線に最短で進むという事です。

試験に合格したいのなら
講義を受けるというインプットよりも
試験問題を解くアウトプットを意識
してください。

オススメの方法が下記3点です。

①プロジェクトに基づく学習

プログラミングを学びたいなら
自分でゲーム開発してプログラミングを
学びましょう。

本番で課題にぶち当たって、自力で
解決していく方法が、危機感から
血肉化される効率が非常に良いです。

②没入型学習

学ぶスキルを活用している環境に
自分自身を飛び込ませる方法です。
多くの練習が外的環境から
多く自分に舞い込んできて
必然的にスキルが習得できます。

身に着けたいスキルが必要な仕事に就く。
英語を身に着けたいから、外国に行く。

必要に迫られる環境を自分で創り出します。

③過剰アプローチ

要求のハードルが非常に高くなる環境に
身を置くという事です。

例えば、塾で偏差値によって階層が
分かれているのであれば、一つ上の
レベルに身を置くことです。

厳しい環境に入る事で
自分もやらなくてはいけない意識
が自然と生まれます。

④基礎練習

これは何においても大事です。

ビジネスマンであれば
思考力、表現力、人間関係
このジャンルに関して
避けては通れない必須スキルです。

目的に向かって、努力している際
その分野でメインとなるスキルは何なのか
しっかり分析して徹底的にそのスキルを
伸ばす努力をしてください。

基礎練習をする中で、お勧めする方法は
「時間分割」という方法です。

一連のアクションを時間で分割して
配置して、実践する手法です。

今やろうとしている分野で
これ難しい、これは優先度が高い
重要な点が分かれば、先ずは
難しい部分を完璧になるまで、
練習してから全体を練習する
様にしてみてください。

タスクを切り出して、
そこに先ずは一点集中して
時間分割して、実践し習得する。

その後、全体プロセスに着手する
という方法を実践してみてください。

⑤フィードバック

人間はすぐに物事を忘れます。
忘れない為には反復して
学習して身に付ける必要があります。

1、間隔反復

繰り返す事で覚えるという事です。
学習時間を長い時間の中で分散させて
長期的に覚えて、パフォーマンスが
最大化するという仕組みです。

たくさんの本を読む、その分野の本を
別の本で違う角度からも学ぶ、すると
反復になり、多角的にその情景を捉え
自分の知識として身に付きます。

2、手続き化

「自転車・車などに乗る」のような
手続き的知識は忘れにくいし、
体に染みついたスキルは忘れる事がありません。

何か身に付けたら、ノートに書く、人に話す
フィードバックを必ずもらう、当
もはや手続き化している動作は
忘れずらくなっているモノです。

まとめ

先ずは自分がやりたい事の為に
しっかり地図を描いてください。

そして、メタ学習や、取組み姿勢
その努力の方向性をしっかり正して
最短で辿り着く為の行動をとる
という事になります。

皆さんはやりたい事の為の
地図はカラーで描くことが出来ていますか。

やりたいけど、どうしたら良いか
分からない。

そんな人ばかりです。

何でもいいので行動しましょう。
そこにヒントや、情報は沢山
溢れていきます。
やってみて、なんか違うと
思う事もあるかもしれません。

でも、それが違うと思って
気付けたらもうそこに自分は
進むべきではないと新しい
発見があります。

悩んでる時間は本当に
無駄なので、是非一歩踏み出せる
そして進める毎日に自分の力で
していきましょう!

是非、お勧めなので
購入して読んでみてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓