【超基本】会計基礎:財務諸表3表、会社経営で欠かせないに概念・知識についてまとめてみた!

【超基本】会計基礎:財務諸表3表、会社経営で欠かせないに概念・知識についてまとめてみた!

2021年4月10日
ビジネス(Business)

ビジネスマンで働いていて
会計を知らない方必見です。

会社員になって、営業、経理
その他部門に配属になって
日々仕事に奮闘しているそこのあなた!!!

「会計(アカウンティング)」をご存じでしょうか?
理解して働けておりますでしょうか?

A子さん
A子さん

私には関係ない!
そんなの知らなくても働ける!

まあ、、、そうなんですけど。。。

より深く仕事を理解する為に
もっと高みを目指して働く為に
是非!会計を理解して、
仕事に向き合ってみてください!

世界が、深みが変わります!!

今回はそんなサラリーマンや
ビジネスマンに欠かせない会計の
基礎中の基礎!土台に触れていきます!

それではいってみましょう!!

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

こんな人に読んで頂きたい

✔働いているけど「企業会計」について知らない方
✔会社で「数字」に関わる仕事をされる方
✔「財務会計」「企業会計」って何?と思われている方
✔もっと深く企業経営を学んで日々仕事をしたい方
✔他のビジネスマンと差をつけたい方

会計の目的と目標地点(ターゲット)について

皆さん勉強される前に
そもそもなんで「会計(アカウンティング)」
というものが企業内外様々な角度から
必要とされているのか?

大義のようなものを見失いがちなので
そこから紐解いて書いていきます。

会計の目的

企業の財政状態や経営成績に関する
正しい情報を伝達する為のツールです。

別の言い方で表現すると「共通の尺度(数字)」
経営状況を評価する為、ビジネスや企業を
定量的に理解・把握して適切に議論する為のモノです。

国際会計基準(IFRS)や日本会計基準
米国会計基準や国ごと基準はありますが
要は経営状況を世界共通言語ともいえる
「数字」で企業を定量評価する
という大枠概念に変わりはありません。

普遍的な本質で、当然のことですが
この視点をもってしっかり会計の意図
を捉えて、スキルを身に付けていく事が
非常に長期的に重要だと考えます。

ターゲット:誰がこの会計を使うのか?

冒頭に「関係ない!」という事も書きましたが
じゃあ、この会計は誰の為に、誰が使用する
ツールなのでしょうか?

答え:「企業」に関係する全員が対象

え??
使用した事、触れた事はないけど?
と思われた方、、、違います。

全従業員、リーダー、経営者、
会社の利害関係者(ステークホルダー)
様々な方が見て、使って、評価されている
切っても切れない関係があります。

「会計」って何があるの?

3種類です。

①財務会計
②管理会計
③税務会計

企業に勤めている方々は①、②
に馴染みが多いはずです。

③は財務経理部に所属している方の
一担当の方が対応しているくらいで
あまり馴染みは無いかもしれません。

各種「会計(アカウンティング)」の存在意義

前項で会計は3種類存在する!
という事をざっくり書かせて頂きました。

それぞれの目的も細分化して
理解しておくと更に最適に仕事に
活かす事が出来ます。

企業会計

「企業会計」と「税務会計」
の2種に大別されますが
この内企業会計の理解が
ある事がビジネスマンとして
最低限押さえておきたいポイントです。

①財務会計

 目的 :経営状況の報告
 利用者:社外

※公正だと認められる会計基準に従って処理
※他社と共有すべき フォーマットがある

よく「IR(Investor Relations)」にも
記載がありますが、各社の決算短信を
見て頂ければお分かりの通り、大体
同じような表現とフォーマットを
使用しております。

外部の方々含めて、共通のニュアンスと
尺度で状況把握が出来る環境を創り出す
為に財務会計は存在します。

②管理会計

 目的 :経営の意思決定と実行の管理
 利用者:社内

※自社で カスタマイズ可

業務効率の向上や、的確な経営判断を
リアルタイムに行うことが可能となり、
スピーディに企業の業績向上の為の画策
を図ることが可能になります。

各PC(Profit Center)は採算は取れているのか?
生産性のある仕事が出来ているのか?
各目的とその粒度に応じた管理会計の合理化で
企業経営をより緻密に把握し、その状況を捉え
今後の戦略や実行する企画の妥当性をはかり
成功確率を上げる事が可能です。

日々多くの従業員を抱えながら仕事をされている社長
はもちろん、管理職、一従業員であっても
今の戦況の中で自分達、他部門、会社全体が
どの様な状態にいるのか数字で捉えて、業務
に集中する事は非常に重要です。
仕事の一挙手一投足の優先順位付けにも
影響を与えていくでしょう!

税務会計

 目的 :法人税額の計算
 利用者:税務当局

企業が課税所得や法人税額を
計算するための会計です。
税務会計に則って算出した税金を
税務当局に申告・納税する。 

これらは仮に担当部署になったら
会計士さん、税務監査に応じて
対応していけば良いので
「そんなのあるんだー!」
程度で大丈夫です。w

会計(アカウンティング)の基本ツール

財務諸表についてです。

一般的に決算書といわれる書類のうち、
金融商品取引法で上場企業などに作成が
義務付けられている書類のことです。

その中でも、貸借対照表、損益計算書、
キャッシュフロー計算書の3つを特に
「財務三表」といいます。

損益計算書(Profit and Loss Statement)

「P/L」と略して使用する事も多いです。

「一定期間での企業の経営成績」を表す決算書です。

自社がどの事業で、どれくらい儲けているか、
損失を出しているかが分かります。

「固定費」「変動費」等、分解/分析しながら
活用すると深い会社のビジネスモデルの状態
何処に病気があるのか、淀みがあるのか
わかりますし、未来の事業計画策定時にも
現状を深く理解していれば達成の確度が高まります。

貸借対照表(Balance Sheet)

「B/S」と略されたりします。

ある一時点での企業の姿。
資金をどれくらい、
どんな形で集め、所有しているか
が分かる決算書です。

左側:「資産」
右側:「負債+資本(純資産)」
左右の合計金額が同じになる事から
Balamced sheetと呼ばれています。

VC(ベンチャーキャピタル)や株主、銀行
から融資された資本を何に変化させて
企業経営をしているのか?
利益が出ているのか?
貯金通帳を見るような感覚に近い帳票です。

キャッシュフロー計算書(Cash Flow statement)

「CS」と略されています。
※「CF」と言っている方も多いので注意

一定期間の現金の流れ
資金の使い方や増減の状況の把握
が出来る決算書です。

①営業活動
②投資活動
③財務活動

の3種の現金の入出金
から企業状況を把握できる
帳票です。

以上が、基本中の基本
財務三表についての大枠です。

簡単ですか?難しいですか?

簡単ですよね!これを知っている
知らないでは雲泥の差なので
是非これを機会に興味をもってください。

持たなくても、こんなのあるんだー
位に思っておいてください!w

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初歩中の初歩で、私なりに
噛み砕いて書きましたが
是非ご自身の知識の一つに
なって頂ければ幸いです。

財務諸表、決算書、会計
「数字」はビジネスマンで
今後生きていく為には
切っても切れない存在です。

仮に投資家になったとしても
IR、株の購入や市況を数字で
捉えて先見性をもって投資
していく為には数字を読む
という事はMUSTです!

それ無しに紹介や安易に始める
投資は全てギャンブルです。

特にビジネスをやっていく方々
投資家や上を目指していく方々は
「数字」「会計」の知識は大きな
武器となります。

勉強する事、本を買う事
なんでも良いので自己投資
を是非、早い段階でしてください。

行動に起こす事で今後の
人生においてなくてはならない
大切な知識や強みを得て、
人生を戦っていってほしいと思います。

また、別途それぞれの詳しい
内容についても書いていきます。

何か私宛にご質問や相談があれば、
最下部からお問い合わせください!

ありがとうございました(^^♪

関連「読んで欲しい」記事

数字に強い人間は仕事が出来る?数字に弱くても財務諸表読解は読める!ビジネスマン・経営者必須スキル
MBAより簡単で英語より大切な「決算を読む習慣」(シバタナオキ) 一般人会計・数字なんて携わったことが無いし苦手だから、勉強なんてしなくていいや! 会計リテラシ…
stay-gold.info
【超基本】財務3表・決算書の関係性(繋がり)を勉強して、会計思考の基礎を簡潔にまとめてみた!
前回、「会計」の意義・大義について改めて書いていきました。 超基礎なので、自信が無い方ちょっと忘れているかも?という方はご覧ください。 https://stay…
stay-gold.info