【読書日記】なぜ、あの人には「お金も、時間も」余裕があるのか?(岡崎かつひろ)

【読書日記】なぜ、あの人には「お金も、時間も」余裕があるのか?(岡崎かつひろ)

2021年2月20日
本(Book)

要約と感想、書いていきます。

「お金」と「時間」 

お金持ちの人の方が、「時間」を大切にしています。
皆さんはその視点に立てていますか?
時間が無い人・お金が無い人ほど、「お金」に執着する。
そして本書では、お金を手にする「仕組み」について
根本的な意味の部分から理解していきます。

お金を手にする「仕組み」を自分の手で創り出し
限られた時間の価値を最大限化していきましょう。


前述

人間は3パターンに分かれます。

①時間はあるけどお金が無い人
②お金はあるけど時間が無い人
③お金も時間も手に入れている人

この本では下記を手に入れられる
働き方について書かれています。

①経済自由
②時間自由
③精神的自由

人生はお金が全てではありません。
と世間では良く耳にします。

しかし、人生のほとんどにお金が関わっており
それは避ける事が出来ない事実です。

日本人はお金と働き方の関係性について
しっかり、考えていない/学んでいない人が多いです。
昔周りから言われた事と言えば
・借金をしてはいけない
・クレジットカードは危ない
・株は危ない
・大手に就職するのが良い
・福利厚生が良い職場にしなさい
・公務員が安定だ
・転職は危ない
という事位でしょうか?
そして、これらは本当に正しいのでしょうか。

人生は誰の言う事を素直に聞いて
実践していくかで決まります。

親、先輩、友人、経営者
あなたがなりたいのはどんな人間なのか。
もう一度この本を読んで考えてください。

あなたのなりたい人のアドバイスを聞くのが
最短で成長できるルートです。
過去、部活でも野球でもサッカーでも
各教科でも教えてくれた先生がいたはずです。

お金と時間の自由を手に入れたかったら
成功者の話を聞かなくてはならい。
なりたくない人物の話など、何も意味はありません。

私たちはお金と働き方について
学ばなくてはならないのです。

まじめに働いても裕福にはならない本当の理由

「能力の高さ≠収入の高さ」

優秀でも収入の高さに比例していない人はたくさんいます。

どんな違いが収入の差を生むのか?

それは働き方の違いです。

あなたがしなければならない事は
ただ真面目に働くという
浅い行動からの卒業です。

働き方の分類例として
「ESBI」として大別されます。
金持ち父さん貧乏父さん(参照)

E :Employee従業員 労働者
S :Self-employee自営業者フリーランス
B :Business ownerビジネスオーナー作家 権利収入
I :Investeor(投資家)

■「E」と「S」:フロー収入
時間をお金に変える人
株/不動産売買 等

■「B」と「I」:ストック収入
役員報酬、株の配当
不動産の家賃収入
作家の印税 等

ストック収入はすぐには手に入らないものです。

お金は、先に出て行くのが普通(投資)
→知識や経験を買ってください
「先に出ていく」=「損をしている」
といる考え方から脱却しましょう。

何をするかよりも、どのように働くか
という視点が重要です。

「経済的自由人」と「経済的不自由人」の4つの違い

成功するかしないかは
考え方の癖で決まります。

お金持ちとそうでない人は
根本的な考え方が違います。

下記の4つの全ての考え方の
「違い」を理解してください。

自由か安定か

不自由な人は「安定」を求めます。
何故ならリスクがあるからです。
人間はリスクを恐れます。

楽しむ事、新しい挑戦をする事を
優先してください。
そして、自由を大切にしてください。

出来るか、出来ないかを気にしない

出来るか、出来ないかで
行動の選択をしないでください。

個人的にはやる前から
出来るか分からない事に
尻込みするのはどうかと思いますが。。。
やってから死ぬほど、悩んで
行動してください。

兎に角、自分にとって価値が
あるかないかで決める。
(WANT=~したい)事に従ってください。

今できない事もやっているうちに
出来るようになると信じる
やりたいからやっているんだ
という思考です。

私は人生に「自己成長」と
「社会貢献」を掲げています。
出来ているか出来るかで考えていません。
自分の行動に対して、目的が実現
出来るか出来ないかで判断していません。
自分のやりたい事を素直にしてください。

リスクを取るか、リスクから逃げるか

弱い人間はやらないで良い理由を考えます。
可能性あれば、リスクを取ってリターンを得るか
得ないのかを人は判断します。

例えそれが失敗に終わっても、経験に変えて
どうしたら利益に変えるかを考え続ける事が重要です。

直ぐに見返りを求めるか、先払いをするか

労働者は対価としてお金を得るというように
すぐに見返りを求めます。

今手に入れる事よりも将来の為に
先払いをする勇気と行動をしましょう。

経済的自由人はどうしたらうまくいくか、
どうやったらできるかを常に考えています。
例)ビルを見ればどうやったら手に入るのか
 流行っている店を見れば、どうやったら
 同じような商売ができるか

を考えます。
通常の人間はいかに挑戦する事が
難しいかを考えて行動できなくなります。

お金よりも時間が大事、時間よりも経験が大事

ストック収入やビジネスを作るには、
非常に多くの時間がかかります。

Youtuber、作家、事業の育成
には多くの時間がかかります。

自分自身に投資をして、お金を生み出す
原資になる為に成長する事が大事です。
本、セミナーにお金を支払い、
稼げる自分になる事が重要なのです。

貯金ではなく投資をする事です。
投資をして、たくさんの事を学びましょう。

学びにお金を掛けましょう!
そこに投資できなくては、経験を得るまでに
時間ばかりかかってしまい、お金までも
無駄にかかってしまう事になります。

金融資産よりも社会的資産と人的資産を大事にする

将来にわたって価値を生み出すものを
「資産」と呼びます。

・金融資産:株式や不動産
・社会的資産:肩書や人脈
・人的資産:経験やスキル

最初、形成を目指すのが人的資産です。
メンターを付けて、優秀な人の真似
する事が大事であり、習得には早いです。

自己流では破滅してしまう可能性があります。

次が目指すのが、社会的資産です。
ビジネスをしながら、優秀な方と
社外を通じて繋がりましょう

最後に金融資産です。
先ずはある程度のお金でも投資をする事です。
その環境に飛び込み、学びを得ながら
複利的利益まで見据えて、投資をしてください。

お金持ちは、この3つの資産を
バランス良く資産構築しています。

出費を減らす、収入を増やす、資産を構築する

経済的自由の実現とは
ストック収入が日々の
生活費よりも多くなり
生活に余裕が生まれる事を指します。

ファイナンシャルリテラシーの知見が必要です。

①出費を減らす・・・無駄遣い、家賃低下、固定シム、
②収入を増やす・・・副業、転職、独立
③資産を構築する・・・ETF、ビジネス、ブログ、作家、Youtuber

上記3つを実践し、お金持ちになる事
その思考までをも学んでください。

まとめ

自分が今安住している世界ではなく
居心地の悪い(リスク)場所で成長する事
でコンフォートゾーンを広げる努力をしましょう。
気付くとその慣れない環境が当たり前の基準になり、
自分の当たり前の基準がそこになる。

死なない範囲ならどんどんリスクを取ってみましょう。

恐怖心と戦わずに、しっかりと付き合っていきましょう。
ちょっとだけ、一歩だけでも挑戦する後押しを
自分自身の中で行い、進んでみてください。

始まりの一歩は結果までの約半分を占めると言います。

動けば、身体は本気になります。
小さな一歩一歩の積み重ねが大事です。

良質転化という言葉があります。
先ずは量を追う事を意識しましょう。
圧倒的な量から質は生まれます。
やりながら工夫して、
更に効率化していきましょう。

自分なら必ずできると信じてください。
行動からしか結果は変わりません。

ポイント

・ただ真面目に働く薄い人生からの脱却(質の高い働き方)
・思考法4つの違いを理解する。
・お金よりも時間が大事、時間よりも経験が大事。
・資産形成を順番に従って、着実に貯める