エニアグラム(性格)診断とは?特徴、世界観、行動、注意点、人間の行動心理を把握して明日から組織を操ろう!

エニアグラム(性格)診断とは?特徴、世界観、行動、注意点、人間の行動心理を把握して明日から組織を操ろう!

2021年2月12日
ビジネス(Business)

今回は私の会社で導入している
人事評価システムをベースに
「エニアグラム」をビジネスや会社に、
どういった部分に何をして
具体的に導入していったか
そして、どのような価値が創出できるのか、
具体的に書いていきたいと思います。

今、導入途中なのでリアルタイムで
随時更新していく内容にしていきます。

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

エニアグラムとは

エニアグラムとは、ギリシャ語で
・エニア=9つ
・グラムス=図形
「9の図」という意味の
幾何学図形であり、この図形を
シンボルとして発展した性格タイプ論です。
現在、最も効果的な自己成長の
システムの一つとして、ビジネス、
コーチング、カウンセリング、教育などの
幅広い分野に取り入れられています。

このツールで自己認知、分析、
自己成長のプロセスまで
昇華させることが出来ます。
また、他人をよく理解することからくる
社内コミュニケーションや各業務対応の
安定感や各々への自信、適応性、洞察力、
先見性をもたらします。

単純な性格分類ではなく、各タイプ毎に、
不健全な状態から健全な状態までの
心の幅を示すこともできます。

これらの効果性を期待して、
現在導入準備に至っています。

9つの性格診断

エニアグラムには、9つの性格タイプが
設定されており、固有の特徴があります。

  • タイプ1:改革する人  ・・・知恵
  • タイプ2:助ける人   ・・・無償の愛
  • タイプ3:達成する人  ・・・真正
  • タイプ4:個性を求める人・・・美と創造
  • タイプ5:調べる人   ・・・知
  • タイプ6:信頼を求める人・・・有機
  • タイプ7:熱中する人  ・・・喜びと感謝
  • タイプ8:挑戦する人  ・・・慈愛を伴う力
  • タイプ9:平和を好む人 ・・・平和
    ※参考:日本エニアグラム学会
エニアグラムで分類される9つの性格タイプについて概説しています。
www.enneagram.ne.jp

番号から性質がわかれば、
行動予測が可能になります。

その人に合った指導とやってはいけない
接し方がわかり、その人にマッチングした
仕事が何なのかを分析する事にも役立ちます。
極めれば、人心掌握が可能になるわけです。。。
もはや怖い。w

但し、人は各々生まれてから今日までに
育ってきた環境が全て異なるので、
型にはめてはいけません。

誰しもが承認欲求があり、特別な存在だと
思いたい生き物であるという事も
十分理解しておきましょう。

導入プロセスとポイント

1.社内システム活用レベルと現状の見通しの確認
⇒やりたいビジョンが決定していて、
 アクションプランが決定していても、
 協力者が少ない場合は仕事の成果が
 格段に落ちてしまいます。

 必ず現担当の方と現状把握、今後の計画、
 何が現状の成果物で、何が課題として残っており
 何処に優先度を置いて取り組んでいるのか、
 全て棚卸をして始めていきましょう。

 今私は人事担当と外部パートナ―様と商談中です。。。


2.担当パートナー会社との商談
⇒システムの導入はしているものの、
 ただ単にスピード重視で進めていくのは危険です。
 最小の経費と工数で、最大効果を出す為に、
 事前リサーチをしましょう。
 他社の具体的な成功事例/失敗事例を見ながら、
 現状の企業風土に合った進め方が必要です。
 その細かなニュアンスと進め方を
 決定していきます。
 いつの段階で人事の採用/異動を決定し、
 適材適所の配置を実施し、業務に
 順応させていくのか?といった感じです。


3.社内上位層へ向けた活用プロセスの研修実施
⇒並行して社内の経営層に本取り組みの
 活かし方について研修していきます。
 マネジメント方法、チーム編成における注意点、
 本情報により得られた情報をただ見るのではなく、
 活かして、成果に繋げるまでのプロセスを
 本運用までに形にします。

得られるべき成果

  • 各個人の自己認知と主体性の醸成
  • ポテンシャル把握と全体支援の醸成
  • 他者理解(全従業員のタイプ把握)と信頼関係の構築
  • 各個人の行動特性を活かしたマネジメント
  • 適材適所の人員配置
  • 活用者である全従業員の人的分析眼の醸成
  • チームワークの向上
  • 無駄な悩みの排除による目標達成能力の向上

まとめ

  • 対象の方が、どんな思考や行動をとるか
  • 不安・ストレスを感じたときに
    どんな風になる傾向があるか
  • その人に合った成長をさせるため、
    自身で成長するには、どうすればいいか

それぞれの日々発生する
ビジネスシーンで、人との
関係性はつきものです。

人は支え合いながら
日々生きています。

その現状をただ漠然と認識する
のではなく、明確、かつ正確に
現状把握して、適切な対応が
出来る事は各所の業務品質向上に
繋がります。

正のスパイラルで創られた仕事は
最終お客様へのサービスレベル向上に
繋がる事は言うまでもありません。

そして、各個人については人間分析の
観点で今まで無かった視点を学び、
活かすという事で成長する機会も
与える事が出来ます。

ビジネスに限らず、私生活含めて、
日々の人生は人との関り合いと
支え合いから成り立っている為、
非常に重要なエッセンスが
本取り組みには詰まっています。

会社の成長はもちろんですが、
全従業員の成長と関わる方々
全員の幸せを実現する為に、
このプロジェクトを
必ず成功に導きます。

まだ計画段階で成果も0ですが、
引き続きの応援の程
宜しくお願い致します。